パラダイスの夕暮れ

フィンランドでの生活について記します。アンダーグラウンドシーン、ベジタリアン、ヴィーガン、アニマルライツ、映画、音楽、サブカルチャー、ファッションなどについて書いていく予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

マリメッコのファクトリーセールに行ってきた

ちょっと前ですがマリメッコのアウトレットでセールがあったので行ってきました。
それもラッキーなことにマリメッコが主催してくれた無料のバスと工場見学付きのツアーに参加することができました。

CIMG9233.jpg


工場見学はとっても面白かったです。
今年の冬の商品も特別に見させてもらいました。
今の時点でもう冬の商品が出来上がってるんですね~。
クリスマスツリーも飾ってあるクリスマスなお部屋もありました。

メインのファブリックをプリントするところはやっぱりドキドキしました。
まだ未発表のファブリックなので写真撮影はNGでしたが、このビデオで少しだけファブリック製作の部分が見れますよ。


お買い物もたくさんできて満足~でした。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ヴィーガンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 菜食・ベジタリアンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
  1. 2013/05/03(金) 04:20:08|
  2. ファッション
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ヴィンテージのマリメッコ

フィンランドに来てから新しい服をほとんど買わなくなりました。
買うとしたらだいたいフリーマーケットで。
そしてフリーマーケットで地味に集めているのがマリメッコのヴィンテージのワンピースたち。
今はマリメッコといってもアジアなどで生産されているみたいで、生地もあまり丈夫じゃないけれど、60-70年代のものはフィンランド製で、しかも縫製、生地がしっかりしている。
そんなに前のものがまだ着られる状態で残っていることに感動するし、何より大事に使われてきたんだな、といっそう愛着がわきます。

CIMG8557.jpg


それに、最近のマリメッコの服はサイズが微妙に大きくて(そういうデザインなんですが)、いまひとつ自分的にはぴったりとこないのですが、この時代のワンピースはオーダーメイドってくらい体にぴったりなのがうれしい。(ぴちぴちではなく、ジャストなサイズ感)60年代はコンパクトなデザインが多いからかもしれない。
ヴィンテージなのでそれなりにお値段がすることもあるけど、H&Mとかのファストファッションをどんどん消費していくより、ヴィンテージをちびちび大事に使っていくほうがどんなにエコで節約できるかと。

集めているといってもまだ3着しかないのですが、またいいのが見つかるまでのんびり待とうっと。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ヴィーガンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 菜食・ベジタリアンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
にほんブログ村

  1. 2012/10/19(金) 19:46:13|
  2. ファッション
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おしゃれなエコブロガー

フィンランド人でエコなファッションやトレンド情報を発信してるAnnabellaとViolaの紹介です。
Annabellaはニューヨークに住んでいるみたい。
彼女たちはウェブショップも経営していて、ヴィーガンのファッショングッズなどが買えます。
ブログにはおしゃれブランドのフェイクファーやフェイクレザーについて、そしてエココスメの情報がたくさんあります。
フィンランド語ではなく英語で書いてあるので読みやすいと思います。

ブログ:http://missqa.tumblr.com/
ウェブサイト:http://missqa.com/collections/clothes

こちらはウェブショップでも扱われているIvana Helsinkiのドレス。かわいい~~!
tumblr_m97h0leTR51rp3z17o1_r1_1280.jpg

画像はお借りしました。
  1. 2012/10/04(木) 19:42:09|
  2. ファッション
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Ivana HelsinkiのデザイナーのTシャツ

フィンランドを代表するおしゃれブランド、Ivaha HelsinkiのデザイナーであるPaola SuhonenのデザインのTシャツがAnimalia(フィンランドの動物保護団体)で売られています。
キツネの毛皮が首に巻かれたアイロニックなメッセージ性のあるデザイン。
真っ赤なのがまたよくできていますね。

eevanettiin.jpg

国を代表するブランドのデザイナーがこのように動物保護の姿勢を示すのは素晴らしいことだと思います。

画像はこちらからお借りしました。
  1. 2012/09/26(水) 19:23:59|
  2. ファッション
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。