パラダイスの夕暮れ

フィンランドでの生活について記します。アンダーグラウンドシーン、ベジタリアン、ヴィーガン、アニマルライツ、映画、音楽、サブカルチャー、ファッションなどについて書いていく予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

フィンランドの毛皮養殖禁止を求める署名が目標数達成!

フィンランドで毛皮養殖を禁止するための国民法案を提出するために5万の署名が必要と先日書きましたが、今日その目標を超える5万5千の署名が集まったというニュースがヘルシンキ新聞のネット版に載りました。

1305609752119.jpg

以下記事の一部
”毛皮養殖場の廃止を提案する法案がフィンランドの議会が取り扱う最初の国民法案になるだろう。NGOは国会での審議に必要な5万の署名を要求のもとに集めた。
動物保護団体Animalia, Luonto-Liitto, Oikeutta eläimilleそしてSEYフィンランド動物保護連合は5月中旬に全国規模の国民法案キャンペーンを開始した。現在は5万5千を超える署名が集まっている。”

ヘルシンキ新聞の記事

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ヴィーガンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 菜食・ベジタリアンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
  1. 2012/10/25(木) 20:15:41|
  2. 毛皮の実態
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヴィーガン料理体験&ランチ会

ヴィーガンレシピを発信している大好きなブログ、yukiのスローな日々のyukiさんの料理教室のお知らせです。
yukiさんのレシピはどれも本当においしいのでおすすめです!
今までに何度yukiさんのレシピにお世話になったことか・・。
全部簡単でびっくりするくらいおいしいです。
そんなyukiさんのお料理教室、お近くの方はぜひ!!


以下転載

m_Vegan20Lunch202620Mental20Health.jpg


。 o 0 o . o 0 0
0 o o 0 0 o 。 。
o 0 o . o 0 0 o o .
VeganLunch&Mental Health
ヴィーガン料理体験&心のケア
。 o 0 o . o 0 0
0 o o 0 0 o 。 。
o 0 o . o 0 0 o o .


ヴィーガン料理研究家yuki+心理カウンセラーyukikoのコラボ料理会


ヘルシーなヴィーガン料理をみんなで作って食べて、心のケアの話をします。

食べるのが大好きな方、健康に興味がある方、心のケアに興味がある方、ヴィーガンって何っ?
という方、どなたでもOK☆

みんなで料理を作って楽しんでみましょう。



゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

この現代社会で忙しく働く中、こころとからだにゆとりをもつことを忘れていませんか?

食べ物も心理学も深いところでつながっていると考えます

家庭でも簡単に再現でき楽しく&ヘルシーなヴィーガン料理とこころのケア

もっと身近に、生活にとりいれてもらえたらと思い、ランチ会を企画しました

゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜


…‥・・たのしくおいしい野菜料理と、心のケアで、より素敵な暮らしかたをみんなで考えましょう…‥・・


【日時】2012年11月23日(祝日)13:00~17:00

【場所】神戸生活創造センター(神戸クリスタルタワー4階) 創作工房A(調理室)
http://www.sozoc.pref.hyogo.jp/

【アクセス】神戸市中央区東川崎町1丁目1番3号 神戸クリスタルタワー内
JR「神戸駅」南口を出て徒歩3分
神戸高速鉄道「高速神戸駅」東改札を出て徒歩7分
神戸市営地下鉄「ハーバーランド駅」徒歩3分

【MAP】http://www.sozoc.pref.hyogo.jp/shozaiti.html

【参加費】2000円(材料費込み)

【持ち物】エプロン、三角巾、手拭きタオル1枚、食器拭きタオル1枚、筆記用具

【定員】10名程度を予定しています

【献立】車麩でみそハヤシライス、コクうまビーガンポテトサラダ、玄米ごはん、デザートは当日のお楽しみ
 ※手作りご飯の持ち込み歓迎です(ただし、参加費は同料金になります)

【連絡先】kumitopu☆gmail.com (☆を@に変えてください) yuki まで

参加申し込み&お問い合わせは、kumitopu☆gmail.com (☆を@に変えてください)まで

……………………………………………………………………………………………
ヴィーガン料理研究家 yuki

2009年より、Vegan/ヴィーガン(卵・乳製品・魚など動物性食品をとらないライフスタイル)となり、
Vegan foodを多くの人に知ってもらいたいという思いから、簡単で作りやすいレシピを研究し、紹介しています。
楽しく、おいしく、ヘルシーでナチュラルでピースフルな食生活を☆

BLOG :http://slowlife-sk9.blog.so-net.ne.jp/


心理カウンセラー yukiko

NPO法人(特定非営利活動法人)日本カウンセリング普及協会指定学院 日本総合カウンセリング付属 日本心理カウンセラー養成学院 修了
一般社団法人日本プロカウンセリング協会心理カウンセラー養成講座 修了
一般財団法人認定rio design flower academy カラーセラピー修了
現在JMA認定アロマセラピーインストラクター1級取得に向け勉強中


人数に限りがありますので、ご予約はお早めに★


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ヴィーガンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 菜食・ベジタリアンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
にほんブログ村

  1. 2012/10/24(水) 18:56:40|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フィンランドの毛皮養殖場

フィンランドでは毛皮になる動物の養殖が行われています。そこではキツネ、ミンクたちは狭い檻に押し込まれ、劣悪な環境下で飼育され、最後には殺され皮を剥がれます。(この順番が逆の国もあるようですが)
私は以前、毛皮養殖場の近くを車で通りかかったことがあります。はるか遠くに養殖場の小屋が見えるくらいなのに、車の窓を閉めていても異様な臭いが鼻をつきゾッとしました。こんな酷い悪臭が漂うくらいの醜悪な環境下で育てられた動物たちの毛皮が、高級ファッションとして売られるのかと思うと皮肉です。

フィンランドでは今、毛皮養殖場を禁止する法律を作る動きが出てきています。法案を議会に提出するには6カ月以内に少なくとも5万の署名を集めなければいけません。署名の締め切りが11月13日。今は最終段階の追い込みが始まっています。

(以下サイトからの引用)
議案の目標はフィンランドでの毛皮養殖を禁止することです。これは動物の福祉が十分に保障されず環境に害を与える職業の廃止を意味します。毛皮養殖は倫理的に行動する現代社会には含まれません。現在の養殖場主に他の職業へ転職する方法を探すことで毛皮養殖を諦めることができます。
フィンランドでは国民法案を作ることは2012年から可能になっています。これは最低でも5万人の投票権があるフィンランド国民に法令を作るための法案を作る権利があるということです。国会には法案を扱う義務があります。
署名を集めるには6カ月あり、11月中旬までの時間があります。

1.gif


毛皮についての簡単な説明(サイトより引用)
フィンランドの毛皮養殖場では毎年合計でおよそ300万のキツネ、ホッキョクギツネ、ミンク、ケナガイタチ、アライグマが飼育されています。
毛皮養殖場では動物保護観念に多く反しており、狭い檻と檻での環境下ではその種特有の行動ができないことがその大部分です。動物には縄張りを守る必要性、その種特有の社会関係を築くことの必要性など、野生の本能やニーズがあります。キツネの縄張りは数ヘクタールにまで及びます。縄張りの広さは動物がどれくらい簡単に食糧を見つけられるかによります。キツネは自分で掘った巣穴を隠れ家として使います。ミンクの自然な成長環境は水の下です。
他の北欧諸国、そしてヨーロッパ中では毛皮養殖場を廃止する方向にあり、多くの国々がすでに毛皮養殖業界の一部、またはすべてを禁止しています。フィンランドの毛皮養殖に関する法律は他の北欧諸国に比べて大きく遅れています。例えばスウェーデンではキツネの養殖は厳しい法令のために廃止になりましたし、デンマークではキツネの養殖は禁止されています。

ヨーロッパでの事業に対する向かい風
他のヨーロッパ諸国で毛皮養殖が禁止されている国はイギリス、オーストリア、ボスニア、クロアチア、ブルガリアなどです。
檻が動物に与える影響については多くの学術調査がなされています。それらの調査資料からケンブリッジ大学の調査員A・J・ニモ氏とドナルド・M・ブルーム教授が作成した報告書が作られました。彼らは例えば檻の狭さにおいての本当の課題を示しました。
ニモ氏とブルーム氏は、動物の症状と体調不良はあまりにも酷く、問題を解決するには現状の檻の改善または恐怖を減らしたより穏やかな動物の養殖だけでは十分ではないとの見解を示しました。

動物園と毛皮養殖場の規則の矛盾
フィンランドの法律によると、動物園ではキツネには少なくとも600平方メートルのスペースがなければいけません。 ミンクには少なくとも動物に対して10平方メートルのスペースが必要ですが、いずれにしても表面積は少なくとも常に15平方メートルなければいけません。その上ミンクには少なくとも2平方メートルの面積の人工池または水がある場所がなければいけません。アライグマの場合は冬眠させてやるようにしなければいけません。
動物園の規則と毛皮養殖場の規則の間には、同じ動物に対してであるにも関わらず紛れもない矛盾があります。毛皮養殖場ではキツネは0,8平方メートル、ミンクは0,25平方メートルの場所におかれ、アライグマには冬眠さえ許されていないのです。

雇用と養殖場主の年齢構造
フィンランドには今の時点で1000以下の毛皮養殖場があります。フィンランドでは毛皮業界は毛皮養殖場主たちのリタイアと生産者の年齢による生産の停止というふうに見なされています。養殖場主のおよそ40パーセントが50歳以上であり、わずか10パーセント以下が35歳以下です。MTTが2008年に調査した「フィンランドの毛皮場と業界の意味と未来の展望」の報告書によると、毛皮養殖からは養殖場につき平均0.7人の雇用ができ、それは養殖場主の60パーセントにとってサイドビジネスでしかありません。
毛皮養殖場主には転職する準備ができています、なぜなら大部分にとって動物の養殖場経営は他と並んでただ一つの生産形態でしかないからです。また養殖場主の年齢も新規雇用の大きな問題なしで養殖業を手放すことを促しています。その上養殖場の職員の多くは外国から数カ月間雇われた人たちです。

地続きの柵から小さな檻へ
フィンランドでは毛皮のための動物の飼育は1900年初めに試まれました。最初の養殖場は平均2×5メートルの地続きの柵でした。1900年中期以降に柵での飼育は鉄製の網の檻へと移行されました。基本的な考えとしてすべての動物に対して最小限の場所と世話がなされたのです。最近の檻の環境は動物に行動障害、無関心、共食い、目の炎症、開いた傷口、自分の子殺しなど多くの問題を引き起こします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ヴィーガンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 菜食・ベジタリアンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
にほんブログ村

  1. 2012/10/20(土) 05:11:55|
  2. 毛皮の実態
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヴィンテージのマリメッコ

フィンランドに来てから新しい服をほとんど買わなくなりました。
買うとしたらだいたいフリーマーケットで。
そしてフリーマーケットで地味に集めているのがマリメッコのヴィンテージのワンピースたち。
今はマリメッコといってもアジアなどで生産されているみたいで、生地もあまり丈夫じゃないけれど、60-70年代のものはフィンランド製で、しかも縫製、生地がしっかりしている。
そんなに前のものがまだ着られる状態で残っていることに感動するし、何より大事に使われてきたんだな、といっそう愛着がわきます。

CIMG8557.jpg


それに、最近のマリメッコの服はサイズが微妙に大きくて(そういうデザインなんですが)、いまひとつ自分的にはぴったりとこないのですが、この時代のワンピースはオーダーメイドってくらい体にぴったりなのがうれしい。(ぴちぴちではなく、ジャストなサイズ感)60年代はコンパクトなデザインが多いからかもしれない。
ヴィンテージなのでそれなりにお値段がすることもあるけど、H&Mとかのファストファッションをどんどん消費していくより、ヴィンテージをちびちび大事に使っていくほうがどんなにエコで節約できるかと。

集めているといってもまだ3着しかないのですが、またいいのが見つかるまでのんびり待とうっと。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ヴィーガンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 菜食・ベジタリアンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
にほんブログ村

  1. 2012/10/19(金) 19:46:13|
  2. ファッション
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヴィーガンピクニック

フィンランドのヴィーガン団体は毎年夏にヴィーガンピクニックを主催しています。
これは各自がヴィーガンフードを持ち寄ってみんなでわいわい言いながら食べるとても楽しいイベントです。
手作りできない人は買ってきたフルーツやスナックを持って行くだけでもOK
今年はなかなか参加できず、夏の終わりの最後のピクニックは時々雨で風が強いとっても寒い日になってしまい、寒くてすぐに帰ってきてしまいました。(こんな天候でもフィンランド人は普通にピクニックします。)
なので去年の写真をアップします。
これはヴィーガン部長が作ったレインボーケーキ!(写真が逆になってしまった;)
すごくおいしかったです。
CIMG5928.jpg

中は3段になっていて、それぞれフレッシュないちご、ラズベリー、レッドカラントの3種類の赤いベリーが入っているとてもスペシャルなケーキでした。

これは友達が作ったブルーベリーとブラックカラントのパイだったような・・

CIMG5929.jpg

目印のレインボーフラッグ

CIMG5930.jpg

たくさんの人が集まりました。
CIMG59366.jpg

私はソイミートのからあげを持って行きました。
こっちのソイミートはぺちゃんこで、からあげを作ってもいまいちからあげっぽくないのですが・・
でもみんな気に入ってくれて、すぐに空になってうれしかったです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ヴィーガンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 菜食・ベジタリアンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
にほんブログ村
  1. 2012/10/13(土) 04:52:27|
  2. パーティ、持ち寄り、ピクニック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

フィンランドのエコショップ

フィンランドの代表的なエコショップはPunnitse&Säästä,Ruohonjuuriなどがあります。そこにはエコな洗剤、量り売りのナッツ、豆、ドライフルーツ、コーヒー紅茶、大豆ミート、大豆ソーセージ、お菓子、オーガニックコスメなど本当にいろいろなものが売っています。いつも必要なものだけを買うつもりがついついいろいろと欲しくなり時間がかかってしまいます。ちなみに日本のあられも量り売りで売っているのでおすすめです。
シャンプーやハンドソープ、洗剤は容器を持っていけば詰め替えできるので便利ですよ!

この前ここでソープナッツを買いました。まだ使っていませんが使うのが楽しみです。

CIMG8512.jpg

CIMG8513.jpg

CIMG8515.jpg

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ヴィーガンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 菜食・ベジタリアンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
にほんブログ村
  1. 2012/10/04(木) 19:58:06|
  2. エコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

おしゃれなエコブロガー

フィンランド人でエコなファッションやトレンド情報を発信してるAnnabellaとViolaの紹介です。
Annabellaはニューヨークに住んでいるみたい。
彼女たちはウェブショップも経営していて、ヴィーガンのファッショングッズなどが買えます。
ブログにはおしゃれブランドのフェイクファーやフェイクレザーについて、そしてエココスメの情報がたくさんあります。
フィンランド語ではなく英語で書いてあるので読みやすいと思います。

ブログ:http://missqa.tumblr.com/
ウェブサイト:http://missqa.com/collections/clothes

こちらはウェブショップでも扱われているIvana Helsinkiのドレス。かわいい~~!
tumblr_m97h0leTR51rp3z17o1_r1_1280.jpg

画像はお借りしました。
  1. 2012/10/04(木) 19:42:09|
  2. ファッション
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

10月1日はベジタリアンの日

10月1日はベジタリアンの日ということで、家の近くのヴィーガン団体の事務所があるエコショップではヴィーガンフードの試食がありました。
メニューはひよこ豆粉のオムレツ、ミントチョコムース、ナッツケーキ。ナッツケーキは友達が作ったものです。

CIMG8510.jpg

お店の地下にある事務所のキッチンで友達とおしゃべりしながら食べました。「これも食べていいよ」とケーキの切れ端がこんもり盛られたお皿をどんっと目の前に置いてもらって、そこから更につまみつつ(笑)でも本当にこのナッツケーキはおいしかった!スペルト粉を使っているそう。ケーキを食べた後に友達に「あ、そういえばケーキにはカルダモンも入ってるよ・・ってもう食べちゃったね」と言われました。実は私カルダモンが苦手なのです・・でもこのケーキはカルダモンのあの独特な感じがせず、香ばしさとして残るくらいでちょうど良く、全く苦手を感じませんでした。
来月はヴィーガンの日があるみたいなので、また試食会が楽しみです(笑)

  1. 2012/10/04(木) 05:06:21|
  2. レストランディ、フードイベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。