パラダイスの夕暮れ

フィンランドでの生活について記します。アンダーグラウンドシーン、ベジタリアン、ヴィーガン、アニマルライツ、映画、音楽、サブカルチャー、ファッションなどについて書いていく予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

はっとした写真

フェイスブックで思わずはっとした写真がありました。

1377083_675241632494576_806619797_n.jpg


優しい目をした穏やかそうな豚が人間の手をくわえている写真です。
写真の説明にはこうありました。
「手を噛まれるのではないかと緊張しましたが、彼を信じて手を伸ばしました。私の不安に反して、彼は私を信じ、優しく手をくわえてくれました。驚くべきことに、彼らは人間に酷いことしかされなかった一生を過ごしてなお、私たちを信じてくれるのです。」

これはトロントの屠殺場の近くで活動しているTronto Pig Saveというヴィーガンの団体のフェイスブックページの写真です。
彼らは屠殺場に輸送される豚たちを乗せたトラックを監視、動物に対する援助の活動をしています。

夏は灼熱のトラックの中で熱中症に苦しむ豚に水を与え、冬は体感温度マイナス40度のトラックの中で輸送されて行く豚たちを励まし、映像に残して問題を人々に広めています。(べグブロさんのブログにこれについての記事があります)
また、こちらは豚に水を与えている活動についてのビデオです。


豚たちは飼育場の中で、ただ人間に食べられるだけのために飼育されてきました。
飼育場の中の生活は想像を絶するものだったでしょう。(例として伊藤ハムの飼育舎の様子。残酷な画像があります。)
それでも人間に憎しみではなく、信頼を与えてくれるなんてと思わず涙が出ました。
やられたらやりかえすことを繰り返し続けている人間より、許し、信頼してくれる動物は人間よりもはるかに優れていると私は思います。

人間に利用される豚の一生については動物の解放の記事が参考になります。
こちらのブログの著者の方は妊娠豚用檻廃止の活動などをされており、ブログの内容も感情的ではなく、客観的かつ論理的に動物保護について書かれているので、とても勉強になります。

平和な世の中が訪れますよう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ヴィーガンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 菜食・ベジタリアンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
  1. 2013/10/24(木) 02:24:01|
  2. アニマルライツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<11月1日は世界ヴィーガンデー | ホーム | アーティチョークのバジルピザ>>

コメント

こんにちは。
ご無沙汰しています。
ブログはいつも拝見しています♪

ビデオ、見ました。
豚さんって、なんて純粋で優しいのでしょうね・・・(/_;)
目がとっても綺麗で優しいですよね。

ブログ、動物の解放はわたしもいつも読んでいます。
すばらしい活動で敬服します。
  1. 2013/10/29(火) 10:23:32 |
  2. URL |
  3. たんぽぽ #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

たんぽぽさん、お久しぶりです。コメントありがとうございます^^私もご無沙汰してしまいましたが、ブログは全部拝見させてもらっていますよ★

豚さんの目って今までじっくり見る機会がなかったけど、この写真を見てなんて優しい目をしているんだろうと思いました。動物の解放はとても素晴らしいブログですよね。いつも勉強させてもらっています。
  1. 2013/10/31(木) 15:42:29 |
  2. URL |
  3. Siili #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://vegepunk.blog.fc2.com/tb.php/132-9280555f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。