パラダイスの夕暮れ

フィンランドでの生活について記します。アンダーグラウンドシーン、ベジタリアン、ヴィーガン、アニマルライツ、映画、音楽、サブカルチャー、ファッションなどについて書いていく予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

フィンランドの牧場の現状

フィンランドのアニマルライツ団体が一番最近に取られた畜産動物の飼育場の写真と映像を公開しました。

牛乳や乳製品ののコマーシャルでは、幸せそうな顔をした牛がのびのびと草をはんでいるイメージが繰り返し流されます。
でも実際はどうでしょうか。

こちらは乳牛の牛舎の映像。

Navetta Vesilahdella, toukokuu 2014 from Oikeutta eläimille on Vimeo.




牛たちは首を鉄の柵に固定された状態で牛舎に繋がれています。
首を前後と左右にしか動かすことができません。
子牛は母牛たちの後ろに、寝そべることもできないくらい狭い木枠に入れられています。
母牛たちは首を固定されているため、すぐ近くにいる子牛を見ることもできません。

暗く、不潔な状態の牛舎。とても幸せなイメージとは結びつきません。
中には汚れが体にこびりついてしまっている牛もいます。
場所を移動することができないので、汚い床に座ることしかできません。

(団体のフェイスブックページより)
10341498_10152016495432434_6634240380855900338_n.jpg

「この子牛は実在する、感情ある、自覚を持った存在です。
機械でも商品でもありません。
それでも私たちはこの子の母親のミルクを得るがために、この子を狭い箱に閉じ込めるという選択をしたのです。
このような暴力が続いていいはずがありません。」



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ヴィーガンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 菜食・ベジタリアンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
  1. 2014/05/29(木) 04:38:21|
  2. アニマルライツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ヘルシンキのおしゃれなオーガニックカフェ  | ホーム | しゅわしゅわラズベリー&フルーツアイスティー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://vegepunk.blog.fc2.com/tb.php/173-37b86b98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。