パラダイスの夕暮れ

フィンランドでの生活について記します。アンダーグラウンドシーン、ベジタリアン、ヴィーガン、アニマルライツ、映画、音楽、サブカルチャー、ファッションなどについて書いていく予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Black Cat Cafe(ロンドン)

ハックニーにあるロンドンで個人的に一番好きだったカフェです。
こちらはボランティアで経営されている100%ヴィーガンのカフェ。

もうそれだけで個人的に好みなのですが、内装も開放的で綺麗だし、ヴィーガングッズや本、アナーキズムやファンジンなんかも置いてあってカフェ以外にも楽しめるところもまた良い!
2014-08-20_215045.jpg

お値段も良心的。
スタッフも強面コックさん、裏方のガテン系お姉さん、カウンターの綺麗なお姉さん、手伝いの少年、ぽっちゃりボーイッシュな女の子となんだかこれだけでカフェを舞台にしたコメディ番組ができそうなメンバー。(fawlty towersみたいな感じで)
実はトイレに行ったらドアが開かなくなって、スタッフさんに助けてもらったのですが、ようやくドアが開いて助かった~と出てきたらスタッフのみなさんが全員でこちらを覗きこんでいて、せっかく助けてもらって申し訳ないけど笑えてきましたw
あとで聞くと、まずボーイッシュ女の子がトイレが開かないのに気付き、少年がナイフを持って開けようとして、コックさんもナイフを持って登場したけど開かず、最後にガテン系お姉さんが工具で開けてくれたみたいです。
みんなで助けてくれたんだ~と感動しました。

話は戻って料理に・・^^;
グリーンサラダ、ラタトゥイユ、ポテトサラダのセット。
IMG_20140730_135120.jpg

これがすごくおいしかった!
なにかよく分からないけれど(笑)、とにかくおいしかったです。
素敵な人が作ったからおいしいに違いない。
他のメニューも全部制覇したい・・。

ごはんを食べてヴィーガングッズコーナーを見ていると、すぐそばに座っていた女の人が「あそこにとってもいいジンがあるよ」と話しかけてきました。
「それ、さっき見ました~」と答えたらその人が持っているバッグがマリメッコのものだったのに気付いて「マリメッコお好きなんですか?」と聞くと
「うん、これ、フィンランドデザインよ。私フィンランド人だから!」との答えが!!
そしてさらにしゃべっていて気付いたのだけど女の人じゃなくて女の人の恰好をしている男の人だった~!
彼女(彼)はフィンランド人とイギリス人のハーフで子供のころイギリスに引っ越してきたらしい。
フィンランド人にまさかこんなところで会うなんて!
急にフィンランド語の会話になったのでお店の人に不思議な顔で見られました^^;
彼女(彼)に「ロンドンに住んでいるなんていいね~。生活はどう?」と聞くと
「う~ん、ロンドンは孤独だよ。ロンドン人は自分のテリトリーをハッキリ持っているから、なかなかそこに入り込めない。みんな忙しいしね。」
と意外な答えをもらい考えさせられました。
というのはロンドンに来てみて、ロンドン人はみんなフレンドリーそうで、友達と一緒に過ごす時間を楽しんでいる印象を受けたので。
でも実際はそんな面もあるのか、と思いました。
彼が女の人の恰好をしているのも、それに関係があるのかもしれない・・。
それでも、ロンドンでたくましく生きてきたんだなぁ。
いつかまた出会えたらいいな。

Black Cat Cafe
76 Clarence Road
Hackney E5 8HB
London
フェイスブック

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ヴィーガンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 菜食・ベジタリアンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
  1. 2014/08/21(木) 03:22:11|
  2. べジレストラン・お店(イギリス・ロンドン)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<イギリス6日目(ブライトン) | ホーム | Cakes n Treats(ロンドン)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://vegepunk.blog.fc2.com/tb.php/207-c2e42b98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。