パラダイスの夕暮れ

フィンランドでの生活について記します。アンダーグラウンドシーン、ベジタリアン、ヴィーガン、アニマルライツ、映画、音楽、サブカルチャー、ファッションなどについて書いていく予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ノルウェーの毛皮産業のドキュメンタリーInside Fur

先日、アニマルライツ団体主催の無料の映画鑑賞会があったので行ってきました。
Inside Furというノルウェーの毛皮産業についてのドキュメンタリー映画です。
小さな映画館だったけれど客席は満員で、入れなかった人もいるほど。

トレーラーはこちら。

Inside Fur Trailer from Ola Waagen on Vimeo.



ストーリーは心理学者で毛皮産業の実態について興味を持った男性が、研修生として毛皮養殖場に潜入し、実態を探るというもの。
映画でも説明されていましたが、これまで幾度となく毛皮養殖場の酷い実態が暴かれてきましたが、そのたびに業者たちは「あれはほんの一部の悪い業者にすぎない。大部分はちゃんと動物に配慮した飼育をしている。」と言い訳をし、改善にちゃんと努力を示してはきませんでした。

そこで実際の毛皮産業の実態を知る唯一の方法として、この覆面調査という方法が取られました。
この覆面調査をした男性が研修先として選んだのは、毛皮業界でも名の知れた所。
つまりほんの一部の劣悪な業者ではありません。

しかし実態はひどいもので、檻のなかにはけがをした多くの動物がそのまま放置されていたり、検査のために訪れる役人や医者のために前もって傷ついた状態の動物たちが撤去されたり(検査は30分足らずで終わり、中には検査に来ず、サインだけの医者のいるそうです)、定められた動物の健康状態のチェックを怠っていたりとひどいものでした。

さらには何匹ものミンクがストレスで互いを攻撃し合っている状態をさして「これは業界の間では共食い期と呼ばれているんだよ。一定の時期にはこうやって互いを攻撃しあい、共食いすることもあるんだ。もちろん公にはしていない。」と平然と言ってのける業者。

ノルウェーとフィンランドなどの北欧諸国の毛皮はほとんど中国へと輸出されるそうですが、最近その価格が急に下落したというニュースがありました。
この映画でその本当の理由が開かされたのですが、それは私にとってもショッキングなものでした。
もともと中国へ輸出される毛皮はほとんどが賄賂として使わていました。しかし、最近中国では大規模な汚職撲滅のための改革が行われており、それにともなって毛皮=賄賂というイメージがつくようになり購入者が減ったのです。

さらには北欧国からの毛皮が多く密輸されているということでした。

動物保護の観点からしても間違っており、挙句の果てには犯罪にまで加担している毛皮産業。

これ以上このままでいいはずがありません。
必ず近い将来終わりが来るはずです。
それまで本当の情報を発信、共有して伝えていかなければと思いました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ヴィーガンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 菜食・ベジタリアンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2016/01/29(金) 22:52:24|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ドイツと言えば・・あれのお店Vaust(ベルリン) | ホーム | ヴィーガンカクテルバーChaostheorie(ベルリン)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://vegepunk.blog.fc2.com/tb.php/267-5a9afb92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。