パラダイスの夕暮れ

フィンランドでの生活について記します。アンダーグラウンドシーン、ベジタリアン、ヴィーガン、アニマルライツ、映画、音楽、サブカルチャー、ファッションなどについて書いていく予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アクティビスト!ムーミン!

とあるアクティビストから購入した手作りのムーミンのパッチ。
ナチマークをお掃除するムーミンがかわいくて気にいっています。

1554673560_251.jpg

ムーミンの作者、ト―べ・ヤンソンさんは若いころ、雑誌に政治の風刺絵を書いていました。
ヒトラーの風刺絵を書いて検閲を受け、雑誌が廃刊になってしまい、創作意欲が落ちてしまった時期もあるそうです。
Garm20magazine20cover20by20Tove20Jansson.jpg

Mの字の下のほうにちっちゃくムーミンのような生き物が見えるの、分かりますか?

ト―べさんはまた当時珍しいと思われる、同性愛者だったと言われています。
彼女の生涯のパートナーであるグラフィックデザイナーのトゥーリッキ・ピエティラはフィンランドのムーミン博物館の模型を製作しました。

同性愛者はその当時、今よりももっと人からの理解を得ることが難しかった。
ムーミンのお話に出てくる、トフスランとビフスランという小さなカップルを知っていますか。
142445.gif

2人はト―べとトゥーリッキをモデルにして作られたキャラクターだと言われています。
2人はちょっとおかしな言葉を話していて、片時も離れず一緒にいます。
「ちょっとおかしな言葉」を話している2人は、世間から見られたト―べとトゥーリッキ自身を皮肉的に表していたよう。

みんなに比べればとっても小さな存在の2人。
みんなにはちょっと変って思われていても、いつも2人でいれればそんなの関係ない。
本を読んでいると、2人には2人だけの世界があることが良く分かります。
「とってもキュートな話だよね」と、ムーミンショップで働いていた友達が話してくれた裏話?でした。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ヴィーガンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 菜食・ベジタリアンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ
にほんブログ村




スポンサーサイト
  1. 2013/03/08(金) 19:09:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<<スロヴェニアが毛皮養殖の禁止を決定-毛皮養殖への逆風がヨーロッパ規模で広がる | ホーム | 毛皮販売店の悲劇>>

コメント

フィンランドはムーミンの生まれ故郷だから、ムーミングッツとかたくさんあるのでしょうか??
中学生の頃に、ムーミンのアニメを見て、ほのぼのかわいさが好きで、ヤンソンさんのムーミンシリーズの本をたくさん読んだなぁぁ、、、とふと思い出しました。
スナフキンの、なんだかちょっぴり哲学なセリフが好きですね~。

ムーミン、、また読みたくなりました。。。。
アメリカではぜんぜん見かけないんですけれどね・・・
残念。
  1. 2013/03/09(土) 02:15:36 |
  2. URL |
  3. Hoshi #3/VKSDZ2
  4. [ 編集 ]

アメリカではムーミンは知られていないのかな・・?アメリカでも本が手に入ればいいですね。Hoshiさんもムーミンの本を読んだことがあるんですね!スナフキンのセリフ、いいですよね~。スナフキンのタトゥーを鎖骨に入れているフィンランド人の女の子を見かけたことがあって、いいなぁと思ったことがあります。一生一緒にいたいキャラクターって、分かる気がします。私は・・入れるならニョロニョロ!?
  1. 2013/03/09(土) 03:21:32 |
  2. URL |
  3. Siili #-
  4. [ 編集 ]

そうそう、ムーミングッズはけっこうありますよ!でも文房具やカバンなどは日本のもののほうがしっかしりていてデザインもかわいいと思います^^;こっちのムーミングッズの中で私のお気に入りはアラビア社のムーミンマグです。いろんなキャラのマグがあって、ついつい集めたくなっちゃいます。(おかげで家は狭い食器棚に比べてマグがやたらあります・・)
  1. 2013/03/09(土) 03:31:02 |
  2. URL |
  3. Siili #-
  4. [ 編集 ]

ムーミンのお話は大好きで、画風も本当に素敵だと思います♪
ト―べ・ヤンソンさんの風刺画、初めて見ました!
同性愛者で、このキャラが生まれていたということも知りませんでした。

キャラクターが生まれた背景など色々知りたくなりますね。
面白い情報をありがとうございます。
  1. 2013/03/12(火) 14:54:04 |
  2. URL |
  3. たんぽぽ #-
  4. [ 編集 ]

原作の画風は本当に素敵ですよね。ムーミン博物館でト―べさんの原画を見たことがあるんですが、挿絵なんかは本当に小さくてびっくりしました。すごく繊細な作業だったんだなって。
ムーミンのキャラクターはそれぞれに特徴があって良いですよね。フィンランド人の友達に聞いても、みんなそれぞれ別のキャラが好きで面白いです。ちなみに人気なのはやっぱりスナフキンかな。
  1. 2013/03/12(火) 21:02:06 |
  2. URL |
  3. Siili #-
  4. [ 編集 ]

Siiliさんこんにちは。

さすが^^ここではムーミンのお話一味
違いますねー。
ムーミンがちりとりでカギ十字ぽいっ!
私もそっち?と聞いたときは本当に驚き
ました。
ちいさな島にある可愛いお家で二人で暮
らしてたんですよね。
風刺画があるのは知りませんでした。
面白いし上手い!
ムーミン、甘くない可愛さが大人にうける
んでしょう、私も気に入ったデザインのと
きマグ買ってます。

↑ベジタリアンレストランいいなー。
行ってみたいです。
こういうところがあればお家での食事にも
使えるのに。




  1. 2013/03/13(水) 13:00:35 |
  2. URL |
  3. はなっち #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

はなっちさんこんにちは^^

ムーミンの絵は多分合成・・かもしれません^^;これを作った人の思想が現れいて良いと思います。そして多分ト―べさんも同じ気持ちだと思います^^
ト―べとトゥーリッキの話はロマンチックですよね。お互いが幸せに暮らせれば恋愛の性別なんて関係ないですよね!
風刺絵、なかなかいいですよね。自分の名前の近くに小さく描いていた生き物が、後のムーミンになったようです。
こっちではムーミンキャラのタトゥーを入れている人がいてかっこいいです。スナフキンのタトゥーを鎖骨部分に入れていた女の子に惚れましたw

べジレストラン、日本にも最近は増えているみたいですよ~!私はこのサイト(http://www.jpvs.org/restaurants/f-top-kanto.htm) を参考にしてレストランを探しています。もし良かったら利用してみてくださいね★
  1. 2013/03/14(木) 17:32:01 |
  2. URL |
  3. Siili #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://vegepunk.blog.fc2.com/tb.php/60-742d95c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。