パラダイスの夕暮れ

フィンランドでの生活について記します。アンダーグラウンドシーン、ベジタリアン、ヴィーガン、アニマルライツ、映画、音楽、サブカルチャー、ファッションなどについて書いていく予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日本に行っていました

しばらく更新がなかったのですが・・実は帰国していました。

帰国中、たくさんの素敵なべジレストランやずっと会いたかったブログ等で交流していたヴィーガンの方々にお会いできたり、また新しい出会いもあり、とても充実した時を過ごせました。

そんなこともちょこちょこ書いていこうと思います。

まず最初はブログも拝見していてべジ漫画も愛読しているNatsumiさん!

名古屋は藤が丘のナチュラルカフェ望さんでの交流会お花見でお会いすることができました。

とても素敵な方でした!
初めて日本人でアニマルライツ視点でヴィーガンの方と直接お会いできてとても嬉しかったです。

交流会でもお花見でもおいしいごはんが食べれて感動!

これは、自分が料理をしだして、他の人が作ったごはんを食べさせてもらったりして感じたことなのだけど、

「愛をもってつくられたごはんはめちゃくちゃおいしい!!」ってこと

正直、自分で料理をする前は「料理は愛」と聞くと、嘘っぽいと思っていました・・^^;
でも、今では本当に良く分かる。気持ちを込めず適当に作るごはんはやっぱり適当な味がする。
逆に丁寧に気持ちを込めて作るとなぜかおいしい。
嘘みたいだけど本当です。

そして特に誰かに作ってもらうヴィーガンごはんは本当においしい。
逆にレストランのごはんは「家で作った方がおいしい」と思うこともしばしば(でもナチュラルカフェ望さんのごはんなど、レストランでもおいしいところはもちろんあります。愛があるってことが分かります。)

おいしいごはんを食べると、「ああこの人が作ったからおいしいんだな」って納得することが多い。
ヴィーガンやベジタリアンの人は本当に優しい人が多いから、きっとその優しさが料理にも出ているんだなって思います。
「ええ、この人本当に料理できるの?」と思った人が(失礼;)作っってくれた料理がおいしいときはサプライズもあって余計にうれしいです。(注:お花見でのことではありません!それ以外での体験です)
淹れてくれるお茶でさえおいしい。

そういうごはんを食べると、なんだか作った人の優しさまで分けてもらえた気がします。

私もそんなごはんを作れるように、まずは性格から訓練しなければ~(笑)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ヴィーガンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 菜食・ベジタリアンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
  1. 2013/04/19(金) 16:19:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<フィンランド航空のヴィーガン機内食 | ホーム | フィンランドの保育園と学校でヴィーガン食の提供が始まる>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://vegepunk.blog.fc2.com/tb.php/69-19275a99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。