パラダイスの夕暮れ

フィンランドでの生活について記します。アンダーグラウンドシーン、ベジタリアン、ヴィーガン、アニマルライツ、映画、音楽、サブカルチャー、ファッションなどについて書いていく予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

フィンランドのヴィーガン事情

こちらに暮らしてみて思ったのですが食材が手に入りにくい、レストランが少ない、外食が高い以外はヴィーガンとして日本よりも暮らしやすいということです。
「私はヴィーガンです」と言うと分かってもらえる率が高いし、まして「ベジタリアン」は一つのライフスタイルとして広く受け入れられています。肉を食べないと言ったところで日本のように質問攻めになったりしないし、無理に食べるように勧められたりもしない。
その人の生き方として尊重されている感じがします。

レストランでもちゃんとヴィーガンやベジタリアン用の選択肢があります。特に大学の食堂には必ずベジタリアン用のメニューがあります。(ヴィーガン用はない場合もあるので注意)大学の食堂は一般の人も行けるので、行ってみるのも面白いかもしれません。学生は一般の半額以下で食べられるのでうらやましい。。

一般のレストランでもヴィーガン用の選択肢がある所もあるので、インターネットで情報をチェックして新しいお店に行くのも楽しみです。とあるウインナーが有名な地ビールレストランでは大豆ミートで作られたストロガノフを食べました(豆乳クリーム使用)。とてもおいしかったです。

普通のスーパーには豆乳、麦芽ミルク、ライスミルクなどが売っています。もともとフィンランドは乳糖不耐性の人が多いので、そういう人用に乳糖不使用の牛乳代替品が多いのかと思います。豆乳ヨーグルトや麦芽ミルクのヨーグルトも売っています。おいしいですよ!豆乳製品ではAlproが有名です。

大きいスーパーでは豆乳チーズやパンに塗るクリームチーズ(Tofuttiというメーカー)、豆腐が売っています。
チョコレートはダークチョコはミルク不使用のものが見つかります。パイ生地もヴィーガンのものが売っているのでチョコパイも簡単に作れます。
パンはだいたいヴィーガン使用。豆コーナーでは雑穀や豆が手に入ります。

普通のスーパーにないようなものはエコショップで買います。エコショップにはセイタンを作るときのグルテン粉、ひよこ豆粉、大豆ソーセージ、乳製品不使用のチョコ、豆、ナッツなどの量り売りなど、ほとんどなんでも必要なものは手に入ります。

エコショップについてはまたちゃんと書く予定です。
スポンサーサイト
  1. 2012/09/27(木) 20:56:16|
  2. ヴィーガン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<10月1日はベジタリアンの日 | ホーム | Ivana HelsinkiのデザイナーのTシャツ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://vegepunk.blog.fc2.com/tb.php/7-fd9d9d82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。