パラダイスの夕暮れ

フィンランドでの生活について記します。アンダーグラウンドシーン、ベジタリアン、ヴィーガン、アニマルライツ、映画、音楽、サブカルチャー、ファッションなどについて書いていく予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

養豚場の写真家に対するほぼすべての起訴が却下される

やりました!
前回の記事で養豚場業者に起訴されていたカメラマンたちの起訴がほぼ全部棄却されました!!

フィンランドの国営テレビ局Yleのニュースより

oikeutta+elaimille+turun+hovioikeus.jpg


養豚場を撮影した活動家に対しての1件を除く全ての起訴がトゥルクの高等裁判所で棄却された。一人に対して地方裁判所が与えた侵入罪に対しての20日間の執行猶予だけが棄却されず残った。

撮影者たちには侵入罪と重大名誉棄損罪によって禁錮刑と多大な損害賠償を要求されていた。訴訟はインターネット上で2009年の間に養豚場キャンペーンの間に公開された産業動物の生育環境を紹介するビデオ資料に関するものであった。

高等裁判所の見解によると、2人の被告が公表したsikatehtaat.fiページ上のビデオには虚偽の情報やほのめかしはなかった。被告は法によって定められた基準と原告のやり方を批判しているが、養豚業者の人々を批判しているわけではない。

動物に権利を!団体は高等裁判所の判決を言論の自由の勝利だとしている。
「社会が動物の生育環境を語る写真の公表を罰しなかったことはとても意味のあることだと思います。」と動物に権利を!団体の会見でSaila Kiveläは述べた。

「私たちの団体は100以上の養豚場の写真を公開してきました。動物の生育環境には何も大きな変化は起こっていません。豚はすべての生活を福祉からかけ離れた狭いコンクリートで過ごします。」とKiveläは続けた。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ヴィーガンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 菜食・ベジタリアンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2013/05/25(土) 04:15:21|
  2. アニマルライツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ヴィーガンパッケージスワップ | ホーム | ヴィーガンのガソリンスタンド!?>>

コメント

こんにちは。
これはとっても素晴らしいニュースですね!
前の記事を拝読していて、嘆かわしく感じていましたが、正義が認められたこと、わたしも嬉しいです!

これをきっかけに養豚場の酷い現状が改善されていくのを願います。
「家畜」というものが無くなる事が最善のようには思いますけれど。
  1. 2013/05/30(木) 11:15:15 |
  2. URL |
  3. たんぽぽ #-
  4. [ 編集 ]

本当に嬉しいニュースでした。でも、写真家の2人は正しいことをしただけなので、無罪になって当然と言えば当然ですけどね。
本当に、家畜が無くなるのが一番ですね。でもまだそのゴールには程遠いので、こういった活動家の努力が少しずつ状況を変えていってくれるといいですね。もちろん、私自身も出来る限りいろいろとアクションしていきたいです^^
  1. 2013/05/31(金) 02:52:02 |
  2. URL |
  3. Siili #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://vegepunk.blog.fc2.com/tb.php/84-319a28d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。